ブログ

blog
blog bysano

こち亀。

始まりがあれば終わりがある、そんな事を改めて感じました。
私が生まれる前から連載を開始した国民的マンガのこち亀。

kochikame

小学生の頃には少し難しく感じ、中高生の頃にはすっかりハマり、今でもたまに読みたくなる、そんな存在です。
少年ジャンプを手にしなくなってから久しいですが、購入せずにはいられませんでした。
毎回完結のストーリーは最後にオチがあり、部長が怒って突撃してくるのは、お決まりパターンですね。(最近はそういうオチが無かったのかも知れませんが..)

人情あふれる良い話もありまして、私はそれがとても好きです。
特に少年期の物語など..

私の中の「こち亀」は単行本で言うと40巻~80巻が至高の存在です。
何度読んでも飽きない。

最終回を読んで印象的だったのは、「当時の絵はもう描けない、今描くとこんな感じになる」というセリフ。
歴史の重みを感じました。
漫画と建築は異なりますが、作品を創るという意味では同じだと思います。
モノを創りだす者の端くれである私も、いつか秋本さん(両さん)のように言える日が来るように精進せねば。

佐野

Posted on
Sep 20, 2016 at 7:00 PM
Category
blog
Author
sanosano

Recent Posts

ennoki-dakkei-3
bysano
bysano
bysano
bysano
bysano
bysano
bysano