制作実績

works
09

光の十字廊

上山手の家

吹田市市内の新規分譲地に計画する狭小住宅です。近隣に建つ4階建てマンションからの日影とプライバシーの問題を抱えた敷地になります。極一般的な間取りへ十字形の吹抜け開口空間(廊下/光の十字廊)を挿入することにより、内部全体へ採光と通風の確保を図ります。全ての室は、光の十字廊に面し内側へ開くことで明るく開放的でありながら、外部への開口を必要最小限に留められ防犯性、プライバシーに配慮することが可能となります。

Detail

名称上山手の家
用途 住宅系建築
所在地大阪府吹田市内
工期2016年竣工予定
延床面積
階数2階建て
構造木造軸組構法