ブログ

blog
blog bysano

London研修 2日目pm。

ロンドン建築研修旅行の2日目の午後です。

午前、午後に分けて幅を広げたことで更に写真選定に悩みます。爆


午後からは、映画「ノッティングヒルの恋人」で有名なノッティングヒルの街を散策です。
ペンブリッジロードという通りノッティングヒル駅からのびる繁華街ストリート。
london-day2-10
カラフルなパステルカラーが印象的です。
日本であったら間違いなく景観的にアウトでもロンドンではオシャレという..

ノッティングヒルの住宅街。
london-day2-11
ここもカラフル。

ちょっとした路地が良い雰囲気でした。
london-day2-12
やはり本物は違いますね。
どこかの国の某防犯灯が不釣り合いでしたが..笑

これは住宅のアプローチかな?ステキ過ぎです。
london-day2-13


所変わり。
Tower of London / 倫敦塔
1077年 ロチェスター司教ガンダルフ
london-day2-14
世界遺産です。
テムズ川の対岸に見える建物と新旧の約1000年の対比が印象的。

対岸ガラスの球体建築。
City Hall / シティホール
2002年 フォスター・アンド・パートナーズ

これはココの場所だけでなくロンドン全体に言えるのですが、他のヨーロッパ諸国との一番の違いがこれだと感じます。

振り返ると、こちらも新旧の入り乱れた建築が見えます。
london-day2-15
とんがり頭だけ見えているビル。
30 St.Mary Axe / 30セント・メリー・アクス
2003年 フォスター・アンド・パートナーズ

今回は行けず..

Tower Bridge / タワーブリッジ
1894年 ホーレス・ジョーンズ
london-day2-17
ロンドンのシンボルですね。

The Shard / ザ・シャード
2013年 レンゾ・ピアノ
london-day2-16
310mもの高さがありEUで一番高いビルです。

London Eye / ロンドン・アイ
2000年 マークス・バーフィールド、アラップ
london-day2-18
自転車のスポークの様な形ですね。
通常の観覧車の様に懸下されていないので、最上部に来た時には視界が妨げられないのです。

そして圧巻のゴシック建築。
Big Ben / ビッグ・ベン
1859年 チャールズ・バリー
london-day2-19
情けないですが、凄いとしか言えないです。
時間は17:22頃ですね!笑
夕暮れ時に見れたのは、良かったかもしれません。

オレンジに染まった時計台に多くの人が足を止めていました。
こんな建築が自分の住んでいる街にあったらと思うと本当に羨ましいですよね。

2日目は、ビッグ・ベンのある辺り ウェストミンスター で日が暮れてしまいましたので見学はここまで。
london-day2-20
翌日は、ここの続きから回ることにしましたー!

3日目午前へと続く。

佐野

Posted on
Mar 28, 2016 at 8:30 PM
Category
blog
Author
sanosano

blog bysano

London研修 2日目am。

ロンドン建築研修旅行の2日目です。

撮ってきた写真を見返すとあまりにも多すぎるので、午前と午後を分けて記事にします。


ロンドンは初めてですので、やはり王道コースは外せません。
という事で、手始めに..

British Museum / 大英博物館
1857年 ロバート・スマーク
london-day2-1
メインのエントランスファサードはネオゴシック様式。
天気は微妙ですが、建築は壮大です。
晴れていたら、陰影がハッキリしてより面白いのですが、仕方がないですね。

見上げてみます。
おぉ~。
london-day2-2

近くで見ると更に大きい!
奥に居る人と対比すると柱の太さが分かりますね。
london-day2-3
早速中へ入ることに。
大英博物館は入場無料です!

手荷物検査を終え薄暗い場所を抜けると..

Great Court,British Museum / 大英博物館グレートコート
2000年 フォスター・アンド・パートナーズ
london-day2-4
ガラスキャノピーに覆われた、博物館の中心部分です。
これまた壮大、中にいても外と言っても良い程の開放的な場所なのに、なぜか落ち着くんです。
しかし一体どのようにしてこのガラスキャノピーが保たれているのだろう・・
日本では実現できそうもない気がします。

時間が限られているので急ぎ足で館内を回ります。
ここは、ミイラの展示室。
london-day2-5
ミイラは人気ですね、混んでました。
グロテスクなので、写真は控えておきます!

続きましては、
Buckingham Palace / バッキンガム宮殿
1703年 ジョン・ナッシュ
london-day2-6
衛兵交代儀式の見物に来ている人でごった返しです。
これ以上近づけません..

とにかく、人人人・・・
london-day2-7
これでまだ少ない方だという事らしいです。

せっかくですから、交代儀式を見ていくことに。
ボジション取りが重要です。
london-day2-8
横断歩道の前が空いていたのでそこで待機!

衛兵さんが来ましたよー!
あれ?制服が赤くない!
london-day2-9
どうやら冬服はこの色だそうです。
初めて知りました。

半分、普通の観光混じりです。笑
2日目の午前終了ー!

2日目午後へと続きます。

佐野

Posted on
Mar 25, 2016 at 6:30 PM
Category
blog
Author
sanosano

blog bysano

London研修 1日目。

先週末から5日間ロンドンへ建築研修旅行へ行って来ました。
自らの復習として本日より数回に渡りブログにまとめていきたいと思います。

建築を含め街の様子や食事など色々写真におさめてきたのですが、その総枚数なんと1,501枚!
とてもアップしきれない数なので抜粋してまとめていきます。


1日目の前に、0日目。

今回は成田空港を利用したのですが、フライト時間が直前で決まると同時に当日では間に合わない事が判明!
前泊もなかなか難しいのでやむを得ず夜行バスで向かうことに..

浜松駅のバスターミナル → 東京駅八重洲口 バス乗り換え → 成田空港第2ターミナル 

ここまでで既に10時間。もう疲れました。
0日目を終了。写真は撮っていません!笑


1日目。
何年振りかの成田空港です。
現地での通信を確保する為にモバイルWi-Fiをレンタルしました。
これさえあれば、迷子にはならない!

スーツケースを預け、いよいよ出発です!
london-day1-1

航空会社は勿論ブリティッシュエアー!
機内でイギリスのお酒が楽しめますからね、重要です。笑
london-day1-2

ロンドンまでの距離は約9,600㎞、所要時間は12時間で時差は-9時間です。長いですね..

こちらはロシア上空にて。
雪に埋もれた山岳地帯、人気は無さそうです。
高度11,000m、外気温-60℃、飛行速度1,000㎞/h。
london-day1-3

飛行機の型が古く、エコノミークラスは本当に狭かった..お陰で殆ど寝れず。
100回に1回ほど確率で最新のブリティッシュ機に当たるそうで、それをブリティッシュラッキーと言うそうです。

やっと、ロンドンヒースロー空港へ到着。
さすが、ブリティッシュ機がたくさんあります。
london-day1-4

ヒースロー空港内へ。
現地時間は15時頃だったと思います。
london-day1-5
荷物を受取り、バスでホテルに向かいました。ここでも1時間ほど。

ロンドン市内、ケンジントンにあるヒルトンオリンピアというホテルにつきました。
ここまでで、夜行バスから含めると24時間くらいだったと思います。
london-day1-6

少し古めで落ち着いたホテルですが..客室階はまるで迷路のよう。
545号室(左側真ん中)だったのですが、火災の時などパニック状態ではとても避難出来ないと感じました。
london-day1-7
何はともあれ、ここで3泊するので受け入れるしかありませんね。

時間も時間でしたので、遠出は控えて近くのスーパーへ買い出しです。
london-day1-8
海外へ行ったら必ずスーパーへ行きます。
現地の食品など色々見ることが出来ますからね!
お土産にも結構使えます。

何気ない商品でもパッケージがオシャレです。
海外補正が掛っているかもしれませんが、日本とはやはり違います。
london-day1-9

水や食料など購入し、ホテルへ戻り2日目からのロンドン巡りに備えて、早目に休むことに。
長い長い一日目が終わりましたー。

2日目へ続く。

Posted on
Mar 24, 2016 at 7:00 PM
Category
blog
Author
sanosano

2/8