ブログ

blog
blog bysano

続、現場確認。

先週に引続き、瀬戸新屋の家の進捗状況です。

壁の板張りがついに施工され始めました。軒の出が大きくない為、杉板材は水に強くて耐久性に優れている芯材(赤身)に限定しております。加えて板の色がエイジングされていくことを想定し、予めシルバーグレーに塗装をします。

内部の通り土間では先行して塗装されまして、とても綺麗に仕上がりました。

目指す仕上りの状態となるように塗布量の調整や板材の表面仕上げにメーカーと建設業者様とかなりの時間と労力を掛けてきただけに、喜びが大きいです。

仕上げ工事が引続き行われますので、こまめに現場確認をしていきます。

佐野

Posted on
Mar 15, 2020 at 4:15 PM
Category
blog
Author
sanosano

blog bysano

現場確認。

瀬戸新屋の家の進捗状況です。
軒裏では野地板合板への塗装が施されて登り梁とのコントラストが明確になりました。

内装のラワン合板はとても綺麗に張られまして、大工さんに感謝です。

鉄骨階段の手すりもしっかり溶接されました。今後木の段板が取付されます。

工事の施工自体は順調に進んでおりますが、新型コロナウィルスの影響が現場にも出てきております。主に機器類(特に便器)の納入が未定状態。
御施主様には都度ご説明しておりますが、1日でも早く正常化することを願っております。

佐野

Posted on
Mar 08, 2020 at 3:13 PM
Category
blog
Author
sanosano

blog bysano

竣工検査。

浜松市立寺島保育園の大規模修繕・耐震改修の現場は、工事がついに完成です。監理者の竣工検査ということで市役所の担当者も交えて皆で隅々まで確認を行いました。

この部屋は、耐震補強を行った場所で鉄骨のブレースが加わりまして、窓廻りの納まりなど園児にとって危険個所が無いかのチェックです。

こちらは大規模改修ということで、床壁天井を研磨・塗装して蘇らせました。

研磨することでフローリングはほぼ新品の様に。

これは何かというと..

曲面のトイレブースです。目隠しもしつつ、安全確認もできつつ、少し遊び心もありつつ。

幼児用手洗器も各メーカーで色々と工夫されております。こちらはアイカのもの。(水栓金具は三栄製ですが)凄いなと思うのは心理的に使いやすい形になっているところです。

サッシの戸先は当然指詰め防止ゴムを。万が一手を挟んでも大事に至らぬように。

これは、網戸です。よく問題になるのですが、どうしても網が破れたり外れたりしてしまいます。(特に下部が)下だけ網を辞めることも出来ますが、ここではパンチングパネルを採用。先生や保育課と確認しながらパンチングの穴の大きさを決めました。

その他、尖った部分や頭をぶつけそうな部分など無いようにくまなく確認しつつ、汚れの清掃や細かな雑シール処理などをお願いして無事検査を終了しました。建設会社様の細やかな対応にて問題なく工事が完成出来た事に感謝です。

佐野

Posted on
Mar 01, 2020 at 4:54 PM
Category
blog
Author
sanosano

2/143