制作実績

works
14

雁行と切妻

掛川の家

歴史的な城下町に位置する、夫婦と2人の子供と祖母の5人家族が暮す住まいです。

緑豊かで美しい景観や歴史的建築物が保存・整備された街並みと東西に長く奥に溜まりのある庭を持つ敷地が、どの様に街と繋がりその一員となるかを課題の一つとして考えています。

敷地内の対角方向へ雁行型(ジグザグ)に配置し奥行きを持たせた複数の庭とそれに寄り添う間取り。一間 × 二間グリッドの軸組構造で支えられた延長30mを超える切妻屋根によって庭や駐車スペース、アプローチを大らかに覆います。開放的な半屋外空間を外へ開く事で街と自然な繋がりを生み出し、景観に貢献出来る建築を目指しています。

Detail

名称掛川の家
用途 住宅系建築
所在地静岡県掛川市内
工期2019年竣工予定
延床面積
階数平屋建て
構造木造軸組構法